明治安田J2第6節最終日(2日・シティライトスタジアムほか=5試合)ファジアーノ岡山はホームで東京Vに0―1で敗れ、3連勝はならなかった。通算2勝2分け2敗(勝ち点8)で11位。東京Vは5連勝で首位に浮上した。

 讃岐は湘南を3―0で下し、今季初勝利を挙げた。ファジアーノが次節ホームで戦う金沢は群馬に2―0で勝った。東京V1-0岡山前 半0-0後 半1-0東京V5勝1敗(15)岡 山2勝2分け2敗(8) 【評】ファジアーノ岡山は、最後まで相手の堅守をこじ開けることはできなかった。けがから復帰したFW片山のロングスローなどを起点に、セットプレーで何度も好機をつくったが、計9本のシュートはい...    
<記事全文を読む>