明治安田J2第6節第1日(1日・フクダ電子アリーナほか=6試合)千葉は京都と2-2で引き分け、勝ち点を8に伸ばした。試合終了間際に近藤が頭で同点弾を決めた。

 名古屋は熊本に5-1で大勝し、3連勝で同13。松本は徳島を2-0で下した。岐阜は1-0で町田を破って今季初勝利。残り5試合は2日に行われる。◆またも複数失点 ロスタイムにDF近藤が頭でねじ込み、かろうじて勝ち点1を獲得した千葉。エスナイデル監督は「大部分は満足」と評価する一方、「不必要なミスがあり、己が最大の敵となった」。許した失点に険しい表情を見せる。

 1点リードの前半24分。高いラインを保つ守備陣の背後を狙われ同点に。「その前...    
<記事全文を読む>