平塚市は4月、応援したい自治体に寄付すると税が軽減される「ふるさと納税」の返礼品制度を導入する。1万円以上の寄付者に趣向を凝らした返礼品を贈呈し、2017年度の寄付目標額を15年度の約4倍に当たる2250万円に設定。他自治体への「財源流出」に待ったをかけようと、導入を決めた。17年度当初予算に関連経費1759万円を盛り込んだ。

 返礼品の第1弾には、市の魅力を発信する全33品を選定。サッカーJ2「湘南ベルマーレ」の応援グッズやチケットをはじめ、平塚競技場で行われる公式戦で大型ビジョンへのメッセージ発信、クラブマスコットのキングベル1世の訪問(ホームタウン7市3町限定)など、独自のサービス...    
<記事全文を読む>