サッカーJ2の京都サンガ(勝ち点3、19位)は1日14時、フクダ電子アリーナで千葉(勝ち点7、12位)と対戦する。

 3連敗中で下位に低迷するサンガが、浮上へのきっかけをつかめるか。攻撃的で前がかりになりがちな千葉に対し、DFの背後を狙い続けるとともに、リーグワーストの本数にとどまるシュートを積極的に放ちたい。

 千葉は今季、アルゼンチン人監督が就任。3バックで最終ラインを極端に高く保つ傾向がうかがえる分、背後のスペースは突き所だろう。そのためにはいい形でボールを奪いたい。中盤でプレッシャーを強めてシュート力のある清武功ら相手FWへのパスを絶ち、攻撃に転じるスピードを上げたい。

 U-20(...    
<記事全文を読む>