静岡出身の平岡は、プロ初年を含む通算10季を清水で過ごした。昨季は期限付き移籍のため出場できず、30日は移籍後初の古巣戦となりそうだ。「やはり特別な思いがある。仙台に来て、どれだけ成長できたかを見せたい」と意気込む。

 定位置の3バックの真ん中で先発出場が濃厚だ。「失点ゼロにこだわらないといけない」と、目つきを鋭くする。仙台の総失点18はリーグワースト。このうち16失点を、直近の4試合で喫した。守備の要として、責任を感じているようだ。

 「安易にボールを失った後にカウンター攻撃をされる場面が多い」と分析する。守備が少ない3-4-3は、カウンターが弱点。「攻撃時の立ち位置に注意したい」。カウ...    
<記事全文を読む>