J1広島は粘り強い守備を掲げ、30日のアウェーFC東京戦に臨む。前節の仙台戦で今季最多の3失点した守りを反省。森保監督は「受け身になる中で相手に圧力をかけられなかった。我慢強く食らい付くうちのよさを出す」と悪夢を払拭(ふっしょく)するつもりだ。

...    
<記事全文を読む>