サッカー、Jリーグのクラブチームが運営する唯一の知的障がい者サッカーチーム「横浜F・マリノスフトゥーロ」の活動をもっと知ってほしい-。横浜市港北区鳥山町の障害者スポーツセンター「横浜ラポール」で二十八日、選手の姿を捉えた写真展が始まった。小山良隆監督(47)は「地元でもまだ知名度は高くないが、サポーターが増えるきっかけになれば」と話す。

 (加藤豊大) 「チームメートへの指示を言葉で伝えにくい選手や、ボールに集中すると相手ディフェンダーが見えなくなってしまう選手。さまざまな個性がある中、練習や試合を重ね一つにまとまっていく瞬間が見られるのが醍醐味(だいごみ)」。小山さんは知的障がい者サッ...    
<記事全文を読む>