サッカーJ1リーグの川崎フロンターレがアルビレックス新潟と対戦する5月5日、等々力陸上競技場(川崎市中原区)の場外イベント広場で、恒例の「フロンターレ牧場」が開かれる。多彩な企画で動物と触れ合える。

 市内にある福田牧場(高津区)、森養豚場(同)、夢見ケ崎動物公園(幸区)の協力を得て12のブースを用意。大半が参加費200~400円(フロンターレ後援会会員は半額)で、午前11時半からキックオフ30分前の午後2時半まで楽しめる。

 羊の毛刈り体験(全3回、先着90組)や牛の乳搾り体験(先着150人)のほか、子豚やアヒルのかけっこ(計40人)などを予定。ひよこやウサギとの触れ合いコーナーもある。...    
<記事全文を読む>