プロ2年目の椎橋に公式戦初出場、初先発の好機が巡ってきた。渡辺監督は24日の練習後、「先発メンバーで使う。思い切ってプレーしてほしい」と明言。チームの未来を担う若武者は「いつでも出る準備はしてきた。やってやるという気持ち」と闘志をみなぎらせた。

 25日のミニゲームでは、主力組の3バックの右を務めた。「調子はめちゃくちゃいい」と言う通り、絶妙な位置取りでピンチの芽を摘んだ。監督は「ボールを奪う技術、予測能力が素晴らしい」と太鼓判を押す。

 千葉・市船橋高時代の定位置はボランチで、3バックは「数える程度しか経験がない」。今季から取り組む慣れない位置が、技術向上に一役買った。「ボランチだと後ろ...    
<記事全文を読む>