J1のアルビレックス新潟は24日、聖籠町の専用練習場で午前練習をした。26日のYBCルヴァン・カップ横浜M戦に向けて三浦監督は「ぎらぎらしたやつを使う」と強調。出番を欲するFW平松はゴールでチーム内の序列を変えにいく。

 気温は20度近くまで上昇し、快晴。暑くなっても平松の運動量は落ちない。献身的な動きはいつも守備陣を助けるが「ゴールで、後ろを楽にさせたい。それが前線の仕事」と言い切る。

...    
<記事全文を読む>