Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグA組5位の大宮は26日、アウェーで首位札幌と対戦する(19時・札幌ド)。チームは24日、高木サッカー場で約1時間15分の全体練習を実施した。

 ウオーミングアップの後、両サイドからのクロスに合わせてゴール前に人数を掛ける練習に取り組み、守備側もGK1人とDF2人がクロスをはね返した。その後はハーフコートで11対11にフリーマンを加えた戦術練習が行われた。

 G大阪戦の反省を踏まえ、渋谷監督は「守備のスピードはわれわれも見習わなければ。あれだけのプレスの中でもボールを動かせる選手たちだと思っている」と、日々の練習からプレーの質を高める姿勢を強調した。...    
<記事全文を読む>