22日浦和戦から中3日で迎えるあすのルヴァンカップ第3節大宮戦(26日、札幌ドーム)に向け、Aグループ首位の北海道コンサドーレ札幌はリカバリー組と、5対5のミニゲームなど軽めのメニューをこなす組に分かれて調整を行った。今季リーグ3試合で途中出場したMF前寛之(21)は、カップ戦では3試合連続先発が濃厚。カップ戦の躍進と、リーグ戦へのアピールを誓った。

 カップ戦の成功をリーグに生かす。大宮とは5月6日に再びリーグ戦で対戦するが、前は「ここで叩いて悪い印象を与えることは大事。個人的に相性がいいとなれば、リーグでも使ってもらえるかもしれない」と、一暴れするつもりでいる。<道新スポーツ4月25...    
<記事全文を読む>