G大阪戦で0―6と大敗した大宮は23日、オフを挟んで練習を再開。26日に行われるJリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグの札幌戦(19時・札幌ド)に向けて調整を行った。先週はグラウンドに姿を見せなかったムルジャ、山田も一部の練習に合流した。

 G大阪戦で出場時間の長かった河本、渡部、岩上、大前、和田、江坂、清水、山越の8人はランニングなど軽めのメニューで汗を流した。その他のメンバーはウオーミングアップの後、5対5にフリーマンを加えた戦術練習に取り組んだ。

 22日の浦和―札幌戦を視察した渋谷監督は「札幌は浦和に対して引くこともなく、嫌なプレーをするやっかいな相手」と警戒。苦戦が続くリーグ...    
<記事全文を読む>