リーグ4連勝で首位をキープした浦和は札幌戦の勝利から一夜明けた23日、大原サッカー場で26日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第5戦のウェスタンシドニー戦(19時30分・埼スタ)に向けて調整した。

 ランニング、ボール回しに続き、札幌戦のスタメン組は、12分間のランニングでリカバリーして計40分。最後にミシャ監督のミーティングが5分ほどあった。

 青木、駒井の途中出場組とそれ以外の選手たちは、8対8のミニゲームを実施。計3本、約30分間で那須、オナイウ、高木がそれぞれ2点ずつ決めるなど、計11ゴールが生まれた。

 春らしい陽気に加え、4月は5戦全勝だけあって、選手たちの表情も...    
<記事全文を読む>