磐田が昨季王者の鹿島を撃破した。この日の試合まで過去11勝7分け28敗と相性は悪かった。さらに6年間勝てていない敵地。苦戦は覚悟していた。しかし、終わってみれば3得点で圧倒。今季初の完封で鹿島から5年ぶりの白星を手にした。

 名波監督が課題に挙げていた「最初の20分」で乗った。前半15分。川辺から中村俊へ縦につなぎ、右サイドを駆け上がった桜内のクロスを川又が頭でたたき込んだ。流れるような展開からの先制点。「点を取っていたら勝てた試合は多かった」。敗戦の責任を背負ってきたエースの5試合ぶりのゴールで勢い付いた。

 21分に中村俊が追加点。ゴール前に送ったクロスがはね返されたが、足元に「ちょう...    
<記事全文を読む>