サッカーJ1仙台となでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースを運営するベガルタ仙台は21日、仙台市で株主総会を開いた。約1億1900万円の赤字を計上した2016年度決算(16年2月~17年1月)を承認し、新任4人を含む取締役18人を選任。総会後の取締役会で西川善久社長(68)の続投も決まった。

 常勤取締役の竹中嘉久氏(61)が任期満了で退任し、後任に大野裕深氏(55)が選ばれた。このほか新取締役に菊地善昭(62)、大森聡(58)、佐藤吉雄(59)の各氏、監査役に稲妻英俊氏(58)を選出した。

 西川社長は「スマートスタジアム構想やLED看板復興きずなビジョンで観戦環境を向上させ、収入...    
<記事全文を読む>