静岡市清水区の清水入江小に20日、同校出身のサッカーJ1清水エスパルスの立田悠悟選手(18)が訪問し、ボールさばきを披露したり、サッカーに関する質問に答えたりして児童たちと交流した。

 市内小学生にオリジナル下敷きを贈るエスパルスの事業の一環で、チームマスコット「パルちゃん」と一緒に訪れ、代表児童に選手のプロフィルなどを掲載した下敷きを贈った。

 立田選手はチームの応援を呼び掛けながら、「みんなと同じようにこの学校で勉強したり、遊んだりした。学校の友だちを大切にしてほしい」とメッセージを送った。

...    
<記事全文を読む>