5年ぶりにサッカーJ1に復帰した北海道コンサドーレ札幌の監督や選手によるトークショー(道新ぶんぶんクラブ主催)が17日、札幌市中央区の道新ホールで開かれた。約550人のファンが集まり、今季の活躍に期待を寄せた。

 コンサドーレは今季リーグ戦で7試合を終え、2勝2分け3敗の成績だが、強豪のFC東京に逆転勝ちするなど健闘を見せている。

 第1部で四方田修平監督が「手放しで喜べる状況ではないが、尻上がりに調子が上がっている。J1残留を目指したい」と意気込みを語った。チームの運営会社コンサドーレの野々村芳和社長は「残留のためにできる限りサポートする」と力を込めた。

 第2部にはMF石井謙伍選手、MF...    
<記事全文を読む>