開幕6連敗中で最下位の大宮は16日、アウェーで9位の清水と対戦する(13時・アイスタ)。試合を翌日に控えたチームは15日、午前10時から高木サッカー場で約1時間30分の調整を行った。

 11対11の戦術練習では主力組の右サイドバックに渡部が入り、ボランチは横谷と茨田が組んだ。渋谷監督の指示で中盤から前線にパスを通すタイミングを繰り返し確認した。セットプレーの練習では、大前のフリーキックにムルジャが頭で合わせてゴールネットを揺らす場面もあった。

 渋谷監督は「清水の強固な守備を破るためには相手の背後を突ける選手が必要」とメンバー選考の意図に触れ、連敗脱出へ「われわれもJ1で戦っている意地があ...    
<記事全文を読む>