J1サンフレッチェ広島は11日、広島市中区のホテルで取締役会を開き、2016年度(16年2月~17年1月)の決算を承認した。売上高が過去最高の37億9300万円。日本代表の浅野拓磨選手の移籍金や、15年の優勝効果による広告料収入の増加が要因。当期利益も過去最高の3億1200万円で、5期連続の黒字となった。

...    
<記事全文を読む>