アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグF組第4戦は11日、埼玉スタジアムなどで行われ、浦和は上海上港(中国)に1―0で勝ちグループ首位に浮上。1次リーグ突破へ王手をかけた。

 浦和は前半44分、青木、ズラタンとつなぎ、公式戦3試合ぶりの出場となったラファエルシルバが右足で先制点。後半は2度もPKを与えるピンチはあったが、一本はGK西川が止めて、もう一本は上海上港のオスカルが外した。

 浦和は26日の第5戦、ホームでウエスタンシドニー(オーストラリア)と対戦する(19時30分・埼スタ)。

...    
<記事全文を読む>