鳥栖は後半、システムを2ボランチに変更。相手の猛攻をしのいで徐々に主導権を握ると、26分、相手GKがはじいたボールをMF小野が冷静に流し込んで追加点を奪った。42分には途中出場のFW田川のゴールでダメを押した。

 試合終了間際の数分間で2点差を追いついた前節の勢いをそのままつないだ。鳥栖は新戦力も躍動し、前節に続いて3得点。フィッカデンティ監督は「いい動きが多く、ポジティブな部分がたくさんあった」と奮闘した選手たちを評価した。

 FW豊田の2試合連続となるPKで先制しながらも、新潟の出足鋭い攻撃に苦しみ、「勝敗がどっちに転んでもおかしくなかった」とMF鎌田。そんな展開を打破したのは、今季ベ...    
<記事全文を読む>