明治安田J1第6節最終日(8日・日立柏サッカー場ほか=7試合)柏は清水に0-2で敗れた。柏は清水の2倍以上のシュートを放ったが、決定力を欠いてネットを揺らせなかった。

 神戸は大宮に2-0で快勝し、勝ち点15で首位を守った。大宮は開幕6連敗。昨季覇者の鹿島はC大阪に0-1で敗れて連勝が4で止まり、勝ち点13の浦和に抜かれて同12の3位に後退した。C大阪は3連勝で同11とした。

 川崎は甲府と1-1で引き分けて勝ち点11。札幌はFC東京を2-1で破り、横浜Mは磐田に2-1で競り勝った。鳥栖は新潟を下した。◆300試合、白星で飾れず 柏一筋の大谷「悔しい」 心の底からは喜べなかった。柏の大谷が...    
<記事全文を読む>