○…J1初先発となった20歳の三竿健は攻守に存在感を発揮したが、チームを勝利には導けなかった。1点を追う後半43分、鈴木のお膳立てから利き足とは逆の左足で放った強烈なシュートは、ゴール右のポストを直撃。「決めきれないのが現状の力」と淡々と振り返った。三度目の正直とはならなかった。C大阪とは2年前のJ2東京V時代に対戦。プロデビュー戦と東京Vでの最後の試合の相手だったが、1分け1敗と勝てていなかった。雪辱を晴らそうと、持ち味のボール奪取力を生かして守備を引き締めたが、またしても苦杯を喫した。「後半はプレーの質が落ちた」と反省しきり。「1試合を通して体や脳の反応を保てるように鍛えていく」と成...    
<記事全文を読む>