右サイドのMFで先発した仙台の蜂須賀は「試合をしながら相手のうまさ、一瞬の判断の差を肌で感じた」と歴史的大敗を振り返った。

 自陣左サイドを崩されて先制点を許した。以降も浦和が同サイドに人数を掛けていると感じ「もっと早く、選手間で話をして意思疎通を図れていればよかった」と悔やむ。

 今季初先発したカップ戦のF東京戦(0-6)に続き、リーグ戦初先発も敗戦となり「サッカーの神様が与えた試練。この大敗を意味のある経験にしないといけない」と自らに言い聞かせた。

...    
<記事全文を読む>