仙台の不動のボランチ三田が、浦和戦に燃えている。埼玉スタジアムは昨年4月の同カードで一時同点とするミドルシュートを決めた相性の良い場所。「(今年も)浦和サポーターにブーイングされ、スタンドを静まり返らせたい」と話す。

 タレントがそろう浦和の攻撃力を「前を向いたら何でもできる選手ばかり」と警戒する。中でもFW興梠の名前を挙げ「体が強く、個人的には嫌な選手。自由にさせないのは難しいが、前を向いてプレーする時間をつくらせないようにしたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>