開幕5連敗中で最下位の大宮は8日、NACK5スタジアム大宮で首位神戸と対戦する(15時)。チームは6日、さいたま市内で報道陣にのみ練習を公開して約1時間40分の調整を行った。

 練習では8対5のポゼッションゲームに励んだ後、紅白戦を実施。1本目の主力組は鹿島戦と同じメンバーが務めた。2本目の主力組は江坂と大前が2トップを組み、サイドハーフ右に岩上、左に清水が入った。

 渋谷監督は神戸戦に向けて「ロングボールやセカンドボールを拾えるかが一番の鍵。最終ラインの高さは非常に重要」と組織的な守備を強調。攻撃については「今のやり方でのモデルケースをつくっていきたい。数少ないチャンスを決め切ること」と...    
<記事全文を読む>