J1清水の反撃態勢が整ってきた。チームは3月下旬まで負傷者が続出し、1日の磐田との静岡ダービーも完敗。だが、4日の練習でDFカヌらブラジル人3選手が全体練習に合流。開幕直前に負傷したMF竹内も今週、部分合流する見通しだ。

 磐田戦の前は深刻な人手不足に陥っていた。静岡ダービーでデビューを目指していた新加入のブラジル人FWチアゴが体調不良で離脱し、MFフレイレも3月23日の練習試合で左膝を負傷。紅白戦すら組めない状況に、ユースの5選手をトップの練習に参加させたほどだった。

 カヌは1月の右腓腹筋(ひふくきん)肉離れから復帰した。タイリーグ時代の昨年10月末から公式戦出場がなく、「日本の速いサ...    
<記事全文を読む>