J1広島が5戦未勝利で17位に沈む。開幕戦に引き分けた後、4連敗で勝ち点は1。前線の顔ぶれが変わったことで連係連動を欠き、特長だったDFラインからの攻撃の組み立てを失った。得点力不足の焦りから強みの堅守も揺らぐ。2012年に就任後、3度優勝へ導いた森保監督は「緊張感のある順位」とかつての王者が苦しむ。

...    
<記事全文を読む>