中村俊の右MF起用の采配が的中した。磐田の名波監督は試合2日前の紅白戦からメンバーを入れ替えた。トップ下には中村俊に代え、今季初先発となる松浦を起用した。中断期間に温めてきた秘策だった。

 その中村俊を起点に今季最多の3点が生まれた。右サイドでボールを持って時間をつくり、後方の選手の攻撃参加が増えた。「厚みのある攻撃ができた」と川又。背番号10を起点に、迫力ある攻撃を展開した。

 後半3分の3点目が象徴的だ。中村俊の縦のパスを川又が戻し、ボランチ川辺が決めた。「中村俊にパスが出た瞬間、こっちに来そうだった」と川辺は中村俊のキープ力とパス精度を信じてゴール前に走り込んだ。

 今季は攻撃の形がで...    
<記事全文を読む>