後半から途中出場したクリスランが相手ゴールに迫り、見せ場をつくった。試合終了間際には永戸からのクロスをうまく頭で合わせたが、惜しくもゴールはならなかった。「0-1だったので、追い付くことを考えてピッチに入った。GKがいい反応をした」と振り返る。

 仙台は今月、強豪との戦いが続くが、その初戦を落としてしまった。次節のアウェー浦和戦を見据え、クリスランはチームを鼓舞するように「下を向いている暇はない。しっかりと準備をし、勝利のために全力を尽くす」と力強く話した。

...    
<記事全文を読む>