J1復帰に導いた指揮官2人が静岡ダービーで采配を振る。現役時代にジュビロ磐田の黄金期を築いたOBの名波浩氏(44)。他クラブでの豊富な指導実績を買われた清水エスパルスの小林伸二氏(56)。クラブの復権を託された両監督が初対決へ意気込む。

 ■名波浩監督(磐田) 「勝ちたい」思い強く かつて磐田のユニホームを着て戦った名波監督の清水戦に懸ける思いは強い。日の丸を背負った経験がある指揮官は「日韓戦」と表現した。「Jリーグの創成期からしのぎを削り合った相手との戦いが、またJ1に戻ってくる。その初戦は120%勝ちたい」。4年ぶりのダービーは勝利だけを求める。

 クラブには清水にJリーグ参入で先を越...    
<記事全文を読む>