今季初勝利を目指す大宮は4月1日、NACK5スタジアム大宮で鹿島と対戦する(19時)。試合を翌日に控えたチームは31日、午前10時から高木サッカー場で約1時間15分の調整を行った。

 練習では瞬発系のトレーニングなどでウオーミングアップした後、両サイドからのクロスに合わせてゴール前に人数を掛ける戦術練習を実施。攻守のセットプレーも確認した。渋谷監督は「攻守において距離感を近づけて戦うことが重要。鹿島は一発の質があるので、ゴールから遠ざけてプレーする必要がある」と守備の徹底を掲げた。

 2週間のリーグ中断期間を経て「イメージは共有できた」と渋谷監督。「ファン・サポーターの期待を励みに、勝って...    
<記事全文を読む>