静岡ダービー再開初戦を制するのはどちらか。J1磐田と清水が1日、エコパスタジアムで4年ぶりに対戦する。キックオフは午後3時。両チームは31日、決戦に備え最終調整を行った。

 磐田は普段の前日練習同様、ダッシュやミニゲームなど軽めのメニュー。約1時間で全体練習を切り上げた。選手はその後、各自でシュート練習などに取り組んだ。

 中村俊は居残りで直接FKや1対1からのシュートなどに約1時間を費やした。ボールタッチやキックの感覚を確かめ、「今までの先輩が(ダービーの歴史を)つくってきた。移籍してきたからこそ敬意を持ってやりたい」と話した。

 大卒4年目の小川大はプロ初の清水戦先発が濃厚。中学、高校と...    
<記事全文を読む>