大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第5週第1日は29日、KYBで1回戦を行い、勝ち点2同士の岐経大と中部院大は、岐経大が2―1で競り勝ち先勝。第2試合の朝日大―岐聖大は四回裏途中で雷雨のためノーゲームとなった。

 岐経大は1点を追う三回、山内来輝の右前打を足場に遊ゴロ野選で同点。八回に佐藤謙次郎(市岐阜商高出)の適時内野安打で勝ち越した。栄野川盛隆、浜口雄大、与座海人の4年生3本柱のリレーで逃げ切った。中部院大は失策が2度失点につながり、一回に稲垣誠也の三塁打を足場に重盗で先制したが、以降は好機を生かせなかった。

 第5週第2日は30日午前10時からKYBで、...    
<記事全文を読む>