(第4週・安濃球場) 三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は22日、四日市大―三重大、鈴鹿大―近大高専の各1回戦があり、三重大、鈴鹿大が先勝した。三重大は延長十一回の末、四日市大を4―2で下し、先発の中井拓磨(4年・津)が6安打6三振、自責点0で完投勝利。鈴鹿大は大下優弥(2年・都城東)のソロ本塁打などで近大高専を10―0の六回コールドで破った。

...    
<記事全文を読む>