大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第4週第1日は22日、KYBで1回戦2試合を行い、注目の全勝対決は朝日大が延長十回の末、中部院大を8―3で下し、中京院大は岐阜大に七回コールドの9―0で圧勝し、それぞれ先勝した。

 朝日大は六回、2番中川奨孔(岐阜第一高出)のソロ本塁打で同点。十回に1死満塁から代打前田悠汰の勝ち越し打を口火に連続スクイズなどで一挙7点を奪い試合を決めた。エース畑中希龍は九回1失点で2勝目。中部院大は稲垣誠也が先頭打者本塁打を放ったがその後は好機を生かせず、好投の西居建陽を援護できなかった。

 中京院大は一回、1年吉位翔伍(中京高出)の先制2点...    
<記事全文を読む>