社会人野球の第60回岡山大会(山陽新聞社後援)最終日は20日、倉敷市のマスカットスタジアムで4チームによる決勝トーナメントを行い、決勝はホンダが4―0でヤマハを下し、42大会ぶり2度目の優勝を飾った。

 ホンダは一回1死二塁から井上の中前適時打で先制。その後も四回に鈴木、七回は遠藤が、それぞれ適時打を放つなどしリードを広げた。投げては福島が切れのある直曲球を武器に完封した。ヤマハは散発3安打と打線がつながらなかった。

 ホンダは今秋の日本選手権の出場権を得た。最高殊勲選手賞はホンダの福島由登投手が選ばれた。

 ▽決勝ホンダ100100101|4000000000|0ヤマハ(ホ)福島―辻野(ヤ...    
<記事全文を読む>