来日中のペンス米副大統領が19日、東京都世田谷区で開かれた中学、高校生対象の野球、ソフトボール教室を訪問した。プロ野球北海道日本ハムのブランドン・レアード内野手とクリス・マーティン投手も講師として参加。第48代副大統領にちなみ、背番号「48」の日本ハムのユニホームをペンス氏に贈った。

 教室は、在日米国大使館が主催。2020年東京五輪で米国選手団のトレーニング拠点となる世田谷区で交流を深めようと企画された。約100人の子供たちが参加し、米国出身のプロ野球選手や米大リーグでプレー経験がある岩村明憲さんらが指導に当たった。

...    
<記事全文を読む>