大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第3週第2日は16日、KYBで2回戦2試合を行い、朝日大が岐阜大に5-0、岐経大が岐聖大に2-0で勝利し、ともに勝ち点を2に伸ばした。

 朝日大は一回、里見柊斗の3点本塁打で先制。六回に敵失、九回に酒井龍一の中前打で加点した。初先発の小島紳嗣(岐阜総合高出)、初登板の徳永拓也(市岐阜商高出)が3回ずつ無失点でつなぎ、試合をつくった。岐阜大は4投手の継投の前に追撃できなかった。

 岐経大は五回、内野安打の山田拓海(岐阜城北高出)を足場に小浜優磨の三塁打と宇須凌介の中前打で2点先取。先発栄野川盛隆が八回途中まで4安打無失点。与座海...    
<記事全文を読む>