昨季限りで横浜DeNAベイスターズのユニホームを脱いだ三浦大輔氏(43)の功績をたたえるモニュメントが12日、横浜市中区のみなとみらい線日本大通り駅に設置され、三浦氏らが除幕式を行った。

 モニュメントは、現役最後の登板を前にした昨年9月に三浦氏が同駅に立ち寄った際、展示されていた写真に記したサインを元に、同線を運営する横浜高速鉄道が制作した。

 三浦氏は「去年、横浜の街を挙げて送り出していただき、その時のサインをこうして横浜の街に残していただいて本当に光栄」と感慨深げ。現在は野球評論家として活躍しながら、球団のスペシャルアドバイザーも務めており、「横浜が盛り上がっていけるように、OBとし...    
<記事全文を読む>