関甲新学生野球春季1部リーグは8日、小山市の白鴎大野球場で第2節の1回戦2試合を行い、白鴎大が新潟医療福祉大に4-0で完封勝ちし、作新大は関東学園大に7-4で逆転勝ちした。

 白鴎大、作新大ともに今季初戦。白鴎大は先発の今村暁人(いまむらあきと)(福岡・久留米商高)が相手打線を散発の4安打に抑える力投を見せた。打線は四回に先制すると、七回にも3点を追加して突き放した。

 関東学園大と対戦した作新大は初回に先制を許したが、五回に5安打を集め逆転。1点差に迫られた八回は安部皓揮(あべこうき)(作新高)の右越え2点適時三塁打などで3点を奪った。

 2回戦は9日、同会場で関東学園大-作新大(午前10...    
<記事全文を読む>