女子野球の国際大会で優勝した鎌倉市立手広中学3年の高梨由彩(ゆい)さん(14)が25日、鎌倉市役所を訪れ、松尾崇市長に結果を報告した。高梨さんは「日本代表で活躍するのが夢」と笑顔を見せた。

 2月17~20日に香港で開催された「フェニックスカップ2017」は8カ国・地域から12チームが出場。年齢制限はないが、高梨さんが所属した日本チームは全メンバーが中学生で、決勝では大人の選手を擁するオーストラリアを11対9で下した。

 高梨さんは決勝でピッチャーとして途中出場。「厳しい試合だったが、一つでも多くアウトを取ろうと思った」と振り返った。「チームメートとつらい練習を乗り越え、試合で勝ったときが...    
<記事全文を読む>