プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは29日、各地で5試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは福井市営球場で同地区首位の福井ミラクルエレファンツと対戦し、0―1でサヨナラ負けした。信濃は3連敗で、通算5勝5敗。今季初めて貯金が無くなった。

 信濃は七回、2死一、三塁の好機をつくったが続く西田が三振。九回には2死から二塁打と死球で走者を出したものの、大平が左飛に倒れた。直後の守りで、球数が120球を超えた先発佐々木が単打と四球で走者を出すと、暴投で二、三塁。さらに四球で無死満塁とされると、次打者に左前に運ばれた。

 信濃は30日、伊那スタジアムで同地区の滋賀ユナイテッドと対戦する。...    
<記事全文を読む>