プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは27日、各地で3試合を行った。西地区首位の信濃グランセローズは、しんきん諏訪湖スタジアムで同率首位の福井ミラクルエレファンツと対戦し、延長十一回の末、1―2で敗れた。信濃は通算5勝4敗で、西地区2位に後退した。

 信濃は1点を先制された直後の四回、1死二塁から森田の適時二塁打で追いついた。その後は両投手陣の投げ合いで1―1で延長へ突入。十一回、2死走者なしから4番手の山崎がソロ本塁打を浴びて勝ち越された。直後に1死一、三塁の好機をつくったが生かせなかった。

 先発樫尾は走者を出しながらも、要所を締めて6回1失点と好投した。

 信濃の次戦は29日。福井...    
<記事全文を読む>