プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは21日、上田県営球場などで5試合を行った。西地区首位の信濃グランセローズは同地区5位の石川ミリオンスターズと対戦し、15―0で大勝した。信濃は2連勝で、通算5勝2敗。西地区首位をキープした。

 信濃は一回無死一、三塁から森田、ジェウディー、新村の3連打で3点を先制。三回1死一、二塁から新村、柴田の長短打で3得点して大勢を決めた。その後は四、六回に4点ずつ加えるなど、計15安打で15点を奪った。

 先発佐々木は打線の大量援護もあり、テンポの良い投球で7回無失点。開幕3連勝となった。

 信濃は22日、福井県美浜町民野球場で同地区2位の福井ミラクルエレファ...    
<記事全文を読む>