プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは14日、各地で3試合を行った。西地区の信濃グランセローズは長野市の長野県営球場で同地区の石川ミリオンスターズと対戦し、5―6で敗れた。信濃の開幕からの連勝は2で止まった。

 信濃は公式戦初先発のバンバンが四回に5安打で2失点するなど、4回3失点。続く高井も3点本塁打を浴び、五回までに6点を奪われた。六回、1死一塁から大平の右越え本塁打で2点を返すと、3連打でさらに2点を加えた。その後は、七回に無死一、二塁、八回には1死三塁の好機をつくったが、生かせなかった。

 信濃は15日、松本市野球場で同地区の新球団の滋賀ユナイテッドと初対戦する。
...    
<記事全文を読む>