ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは14日、福島県のヨーク開成山スタジアムで福島ホープスと対戦した。福井は投打で粘りをみせ、九回時間切れの2―2で引き分けた。通算2勝1分けとし、西地区首位に立った。次戦は15日、富山県高岡市のボールパーク高岡で富山GRNサンダーバーズと対戦する。福井010 000 100 2000 200 000 2福島(九回規定により引き分け) 福井は投手陣が踏ん張った。先発イムが6回2失点の力投。七回以降は毎回ピンチを招いたが、4投手の継投で無失点で乗り切った。

 イムは三回まで2安打と好投したが、1点リードの四回に3長短打を浴び2失点し、逆転された。七...    
<記事全文を読む>