プロ野球・ルートインBCリーグは14日、各地で3試合があり、西地区の富山GRNサンダーバーズは、今季リーグ新参入で東地区の栃木ゴールデンブレーブスに1-3で逆転負けした。通算成績は2勝2敗。

 富山は今季新加入の右腕、米山が先発した。五回まで無失点の好投を見せたが、1-0の六回に内野安打などで1死一、二塁のピンチを招き交代。後を受けた左腕の竹林(氷見市出身)が連打で同点とされ、逆転の犠飛を浴びた。

 打線は四回に河田、長江、長尾の3連打で先制したが、その後はつながりを欠いた。

 次戦は15日、高岡市の高岡西部総合公園野球場で、西地区の福井ミラクルエレファンツと対決する。

...    
<記事全文を読む>