プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは8日、各地で開幕戦5試合を行った。西地区の信濃グランセローズは金沢市民球場で同地区の石川ミリオンスターズと対戦し、7―5で勝った。信濃は2年ぶりの開幕白星発進となった。

 信濃は3点を追う六回、無死一、二塁からパク、永冨の連続適時打で1点差に迫った。大平が四球を選ぶなど1死満塁とすると、柴田の中前打に失策が絡んで走者一掃。この回、打者10人の攻撃で5得点して逆転に成功した。投手陣は先発の佐々木が5回を3失点にまとめ、以降は4投手のリレーで2失点にしのいで逃げ切った。

 信濃は9日、長野市の長野オリンピックスタジアムに東地区の福島ホープスを迎えて、ホ...    
<記事全文を読む>